マガジンのカバー画像

先生の部屋

25
日々の学校生活や教育に関するプラスになる記事をまとめています。 ここにある記事が一歩を踏み出すきっかけになるかもしれません!
運営しているクリエイター

#クラーク記念国際高等学校

通信制高校に転校し、立命館大学に合格するまでに、高校で学んだこと

 自分が本当に受けたい教育とは? そんな問いを携え、クラーク記念国際高等学校の門をくぐっ…

転校体験談と、生徒を支える教員たちの熱き思い。一歩踏み出せば、新しい可能性が見え…

高校生にとって、転校・編入はリスタートのチャンス。転校を決意した生徒と、その生徒を支える…

SDGsを学んだ高校生が、サステイナブルな輸入に挑戦! バリ島のコーヒー豆が教えてく…

課題解決型の授業などを通して、生徒に多くの実践の機会を与えるクラーク記念国際高等学校。20…

通信制高校×専修学校で学ぶダブルスクールの形 これまでの常識にとらわれない、多様…

コロナ禍が一変させたものの一つが学校教育です。世界中でオンライン授業が導入され、教育は学…

高校転校したい人に伝えたい「前向き転編入のススメ」 転入生体験談と担当教員の面談…

「転校生」と聞くと思い浮かべる特別なイメージはここでは無縁。転入生の面談を担当する教員と…

第23期卒業式卒業生代表答辞

今日は3月31日。今日で年度が終わり、明日から新年度になります。 卒業生の新たな門出という…

第23期卒業式在校生代表送辞

新型コロナウイルスは未だに終息の気配がないなか、今年度も無事卒業式を挙行することが出来ました。 皆様にも少し卒業式の雰囲気をお裾分け。在校生代表の送辞をお届けします。以下全文です。 送辞 冬の厳しい寒さも和らぎ、徐々に春の暖かさが感じられ、いよいよ春めいてまいりました。このよき日に、クラーク記念国際高等学校を旅立っていかれる卒業生の皆様、ご卒業おめでとうございます。 先輩方はいま、どのような心持ちでいらっしゃるのでしょうか。来年、私たちが同じようにその日を迎えることを思う

スキ
5

【note部】h_tanaka #ブックカバーチャレンジ part 2-1 ヴェールドマン仮説 西尾維…

久しぶりにするのでpart2−1とさせていただきます。 外に出る時人は「外の自分」を演じること…

【note部】#自己紹介 k_higashiyama #ブックカバーチャレンジ …

1.所属クラーク記念国際高等学校京都キャンパス net+コース2年のk_higasiyamaです。 2.好…

【note部】 h_kabashima #ブックカバーチャレンジ part 3 「ここは今から倫理です」…

ブックカバーチャレンジpart3 「ここは今から倫理です」 雨瀬シオリ 管理人である中の人も大…

eSportsを教育に!~小さなキャンパスの大きな挑戦~

久しぶりにnoteを動かすけど、果たして誰かが見てくれるのだろうか。 そんな不安に苛まれなが…

オンライン「バイアスを考える」を開催!

ミネルバ大学の学生によるオンラインワークショップ「バイアスを考える」を開催!net+コース…