マガジンのカバー画像

それぞれのエベレスト

32
7年前(2013)の今、当時 80 歳であった三浦雄一郎(プロスキーヤー&冒険家、クラーク記念国際高等学校・校長)は世界最高峰のエベレスト山頂を目指していました。 あのときの日々… もっと読む
運営しているクリエイター

#ミウラドルフィンズ

Stay at Camp2

本日は2020年5月18日です。7年前の今頃僕たちは、C2で休養していました。すると、目の前には…

気温差の激しいC2への道

本日は2020年5月15日です。7年前の今頃僕たちは、C1からC2を目指して歩いていました。標高差は…

新たなスタート

5月16日、このベースキャンプ5300mからいよいよエベレスト山頂8848m、世界最高峰を目指します…

アタックスタート直前!親子対談!

本日はエクササイズ休養日。身体は休めつつ、明日から出発する山頂へのアタックに向けて気持ち…

トレーニングも一歩ずつ

本日は2020年5月14日です。7年前の今頃、いよいとエベレストアタック出発前ということで、大忙…

アタック日までカウントダウン

本日は2020年5月13日です。7年前の今頃、出発までのカウントダウン、あと2日で出発という、そ…

来客で賑やかなベースキャンプ

本日は2020年5月12日です。7年前の今頃僕たちはエベレストのベースキャンプでゆっくりとしていました。そんな時にですね、中東最大の報道機関である『アルジャジーラ』から、うちの父親にインタビューをしたいと最初はアルジャジーラ、ちょっとおっかないイメージがあったのですが、インタビューアーはしっかりとしたイギリス系の知的なインタビューアー。うちの父親に対して『80歳でなぜエベレストに登るのか』『80歳まで健康でいれる秘訣』など、国が変わっても地域が変わっても”健康”と”長寿”とい

スキ
8

日本人初登頂から50年

本日5月11日です。本来であれば7年前と始めるのですが、今日は、日本人エベレスト史にとって、…

30年ぶりの再会

本日は2020年5月10日です。7年前のこの日、僕たちはプモリのキャンプ1(C1)からベースキャン…

負けない身体作り

本日は、2020年5月9日です。7年前の今頃、僕たちはプモリのキャンプ1(C1)で高度順化をして…

可逆性の原理を知っていますか?

"7年前の今頃僕たちは、ベースキャンプにいました。つい先日、C2から降りていたのですが、実…

予定変更!アタックの日までにできることを

7年前の今頃僕たちは、ベースキャンプにいました。つい先日、C2から降りていたのですが、実際…

1970年エベレスト大滑降から50年

本日はエクササイズ休養日。50年前の今日、1970年5月6日は三浦雄一郎がエベレストの8千㍍地点…

顔を見ることの大切さ

本日、5月5日2020年です。7年前の今時期、ベースキャンプに心強い支援隊が来てくれました。知った顔を見るだけでもすごいホッとしました。 今、緊急事態宣言が新型コロナウイルスによって発令されている現在、なかなか知り合い、友達に会えない日々が続いていると思います。電話でもいいです。SNSでもいいです。繋がるだけで心は軽くなります。強くなります。 皆さん、頑張りましょう! 本日のMIURA流クライムビクス 三浦豪太が考案する『MIURA流クライムビクス』を動画で詳しく紹介してお

スキ
4