マガジンのカバー画像

それぞれのエベレスト

32
7年前(2013)の今、当時 80 歳であった三浦雄一郎(プロスキーヤー&冒険家、クラーク記念国際高等学校・校長)は世界最高峰のエベレスト山頂を目指していました。 あのときの日々… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

17時間の山頂アタック

本日2020年5月23日です。7年前の今、ついにエベレストの山頂に着きました!皆さん私どものエベ…

余裕を与えてくれた『お茶会』

本日は2020年5月22日です。7年前の今、僕たちは8500mの最終キャンプであるバルコニー(C5)に…

ご褒美も忘れずに

本日は2020年5月21日です。7年前の今ついに僕たちは、世界で一番高い峠であるサウスコルに着き…

慌てず自分のリズムで

本日は2020年5月20日です。7年前の今頃僕たちは、C3からC3'と言うものを作って、そこ移動しま…

環境に合わせて身体を動かそう

本日は2020年5月19日です。7年前の僕たちは、C2からC3にむけて登り始めました。これは、元々…

Stay at Camp2

本日は2020年5月18日です。7年前の今頃僕たちは、C2で休養していました。すると、目の前には…

気温差の激しいC2への道

本日は2020年5月15日です。7年前の今頃僕たちは、C1からC2を目指して歩いていました。標高差はそれほどでもないのですが、正面にローツェ、右手にヌプツェ、そして左手にエベレストの西陵と言う、巨大な壁に囲まれています。そして太陽が真上に行くと、そこは灼熱の白い砂漠になるんですよね。昼間は30℃〜40℃、プラスです!そして夜はマイナス30℃。寒暖差にすると60℃ある、と言うことで、体調管理には体調の管理にはとても気を使いました。 寒暖差の激しい今日この頃ですけれども、皆さん元

スキ
7

新たなスタート

5月16日、このベースキャンプ5300mからいよいよエベレスト山頂8848m、世界最高峰を目指します…

アタックスタート直前!親子対談!

本日はエクササイズ休養日。身体は休めつつ、明日から出発する山頂へのアタックに向けて気持ち…

トレーニングも一歩ずつ

本日は2020年5月14日です。7年前の今頃、いよいとエベレストアタック出発前ということで、大忙…

アタック日までカウントダウン

本日は2020年5月13日です。7年前の今頃、出発までのカウントダウン、あと2日で出発という、そ…

来客で賑やかなベースキャンプ

本日は2020年5月12日です。7年前の今頃僕たちはエベレストのベースキャンプでゆっくりとして…

日本人初登頂から50年

本日5月11日です。本来であれば7年前と始めるのですが、今日は、日本人エベレスト史にとって、…

30年ぶりの再会

本日は2020年5月10日です。7年前のこの日、僕たちはプモリのキャンプ1(C1)からベースキャンプ(BC)まで降りてきました。その間に、ラインホルト・メスナーと父親が再会しました。ラインホルト・メスナーは、1978年にエベレストに無酸素登頂しました。まさに『鉄人メスナ』ーと呼ばれていたのは、この方ですね。うちの父親とは友人同士で、30年ぶりの再会だったそうです。二人の、超人同士の再会、ハグを見て、すごいなと、すごい友情だなと思いました。 皆さんも長いコロナ生活、友人とも会え

スキ
9